整形外科

整形外科

首の痛み、肩こり

「首・肩が痛む」とは、首や肩の関節が痛む場合と、筋が痛む場合の2つがあります。該当する関節には、あごと首の関節があります。筋では、口を閉じたり咀嚼(そしゃく)に関わる筋、首から肩にかけて走行する僧帽筋(そうぼうきん)などがあります。

 痛みが起こる原因には、関節リウマチ、顎関節症(がくかんせつしょう)、外傷などがあります。

■必要な検査と疑われる病気

(1)関節リウマチ

 顎関節や頸椎(けいつい)に関節リウマチが発症すると、強い痛みが起きます。そのまわりの筋にも筋痛症{痛み}が起きます。顎関節の病状{破壊}が進めば開口障害(かいこうしょうがい)、開咬(かいこう){上下の臼歯(奥歯)のみが接触して、前歯の接触がない}のほか、下あごの後退によって顔貌(がんぼう)の変化も起きます。

 関節リウマチの疑いがあれば膠原病(こうげんびょう)科などでの精密検査が必要で、血液検査やX線検査を行います。

 すでに関節リウマチと診断されている場合は、筋痛症、関節痛の部位や程度を明確にするための検査と、骨先端や頸椎の状態を調べるためにX線検査を行います。

 近年、メトトレキサート(リウマトレックス)などによる関節リウマチの治療が進み、本疾患に伴う痛みはコントロールされることが多くなっています。

(2)顎関節症

 変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)、筋性顎関節症(きんせいがくかんせつしょう)、関節円板(かんせつえんばん)の異常から起こる顎関節症、慢性微小外傷性、および心身症的疾患としての顎関節症があります。このうち変形性関節症では、下顎骨の先端の平担化、骨辺縁の変形が起き、多くの場合、炎症を伴います。

 症状には、顎関節とその周囲の筋や筋膜に生じる痛み、あごを動かした時のクリック音(関節内の関節円板があごを動かした時に発するパチンという音)などがあります。歯科で噛み合わせの検査、必要に応じてX線やMRI検査を行います。

(3)外傷

 硬いものを強く噛んだ時、噛み合わせの高さが低い、あるいは急に大きく口を開くことにより、痛みを伴う外傷性顎関節炎(がいしょうせいがくかんせつえん)が起こることがあります。その場合は歯科での検査が必要です。症状が急に現れた時の画像検査では、関節内の浮腫{むくみ}や、出血による関節腔の拡大がみられることがあります。

肩こり

背中や腰の痛み

高齢になると背中や腰が痛くなるのはめずらしいことではありません。また、たくさん歩いた、力仕事をした、買い物で重い荷物を持って長時間歩いた、中腰で庭仕事をしたといったことのあとに、数日間、背中や腰の痛みが出るのも当然のことです。しかし、動けないほどの痛み、2週間以上にわたって改善の兆しのない腰痛、腰だけでなく脚まで痛むといった場合には注意が必要です。

■疑われる病気

 考えられる病気として頻度の高いものに、筋きん・筋膜性腰痛(きんまくせいようつう)、変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)、骨粗鬆症(こっそしょうしょう)、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)、腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニア、脊椎圧迫骨折(せきついあっぱくこっせつ)があります。このうち腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアは、腰で神経が圧迫されるため下肢の痛みも伴います。

 また、頻度は低いのですが、感染症や腫瘍による腰痛もあります。発熱を伴う急激な腰痛は細菌感染症を、徐々に悪化する安静時の痛みは腫瘍の可能性を考える必要があります。

■家庭での対処のしかた

 一般に加齢に伴う心配の少ない腰痛や、脊椎変形に伴う慢性腰痛は、減量や腹筋・背筋などの筋力の強化、腰臀部(ようでんぶ)や股関節周囲のストレッチをすることで改善することがあります。また、多くの急性の腰痛も安静にすれば改善します。2週間以上続く腰痛、激烈な腰痛、下肢の症状を伴う腰痛などは、整形外科で検査をしてもらってください。

 X線やMRIの検査、必要に応じて血液検査などをすることで、どのような原因で腰痛が起きているのかを突きとめることが大切です。

腰痛