MRI検査とは?


MRI検査は、頭部や脊髄・脊椎、胸腹部、心臓、消化器分野など全身の部位で広く活用されており、脳腫瘍や脳血管障害、頚椎症、腰椎のヘルニアやリウマチなどを早期発見することが出来ます。

  • 痛みのない検査です。
    おおよそ15分から30分横になっているだけで検査が終わります。
    (時間は検査内容によって異なります)
  • X線を使いませんので、被曝の心配はございません。
  • 身体に影響はございません。
    (一部、注意事項に当てはまる場合は検査ができない場合もございます)
  • 様々な方向からの撮影が可能ですので、高い精度の検査と診断を行うことができます。
fleximg

MRI検査を受けるには?


●まず、当クリニックを受診下さい。
かかりつけ医の先生がいらっしゃる場合は、診療情報提供書があれば診断の役に立ちますので紹介状をお持ちください。

●当クリニックでの、MRI検査のご用命は皆さんのかかりつけ医の先生からもご依頼いただけます。
まずは、かかりつけ医の先生にご相談下さい。

MRI検査を受ける患者さまへのお願い

1. 予約日時について
予約時間15分前までにお越し下さい
予約時間に遅れた場合、検査開始時間が遅くなったり当日の検査ができなくなる場合がございますので、予めご了承ください。

2. 検査当日ご持参いただくもの
・保険証、各種医療受給者証(老人保険医療受給者証等)
・他医内服薬 又は、お薬手帳
※下記のものを持参いただければ診察の一助になります
・検査予約票
・問診票 
・検診結果、他医採血結果など 

診察問診
問診票
※診察申込み書/MR問診書の注意事項をお読みの上、プリントアウトしご記入ください。

3. 予約のキャンセル
検査をキャンセルされる場合や、検査当日に来院が遅れる場合は、なるべく検査前日までにお願いいたします。
4. お問い合わせ
予約時間などの予約済みの内容に関して再確認したい場合や検査変更、その他のお問い合わせは
検査依頼電話06-6706-0551へお問い合わせください。
造影検査のご案内
造影剤を注射する理由
MRI検査は磁場を使って体内の診断を行うもので、検査目的によってはMRI用の造影剤の静脈内への投与が必要になる場合があります。造影剤は、病気を検出したり、病気の性質をより詳しく診断したりするために使われます。造影剤を使わなくても検査はできますが、病気や検査部位によっては、より正確な診断を行うために造影剤が必要です。基本的には安全な薬剤とされていますが、まれに副作用が生じることが知られていますので、以下に書かれている事項をお読みください。
検査までの生活について
· 特に指示がない場合は、通常通りに食事をとってかまいません。

· 服用中のお薬は、特に指示がない限り通常通り服用してください。
検査終了後は?
食事は普通におとりください。

普段通りの生活を送ってください。
造影剤は尿として排泄されます。

排泄を促進するため、水分を多めにとってください。
なお、制限されている方はお知らせください。
造影剤の副作用について
※造影剤は副作用の少ないものが開発され安全な薬ですが、副作用が起こることがあります。

1. 軽い副作用

吐き気・嘔吐・熱感・動悸などで、基本的には治療を要しません。このような副作用が起こる確率は約1%以下です。

2. 重い副作用

呼吸障害、血圧低下、意識障害などが起こることがあります。このような副作用は治療が必要で、入院や手術が必要なことがあります。このような副作用が起こる確率は約1万人に1人です。

3. 重篤な副作用

非常にまれですが、病状や体質によって約100万人に1人の割合で死亡する可能性があります。

4. 現在、副作用の発生を予測する確実な方法がありません。

気管支喘息、重篤な肝障害、重篤な腎障害をお持ちの方は造影検査を受けることができません。また、造影剤の副作用を経験した方、妊娠・授乳中の方については、造影剤の使用を慎重に検討いたしますので、必ず担当医もしくは技師にお知らせください。

5. 造影剤を急速注入する必要がある検査で、血管外に造影剤がもれる場合があります。この場合、注射部が腫れて痛みを伴うことがあります。通常は、時間が経てば吸収されるため心配はいりません。非常にまれですが、血管外にもれた量が多い場合は、別の処置が必要な場合があります。
検査紹介疾患

上腹部(肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、副腎など)下腹部

上腹部は、約20秒の息止めの合図があります。しっかりした息止めにより、きれいな画像が撮影できます。

検査時間は約40〜60分程度です。

■検査前の食事について

検査手技・検査部位によって絶食等の前処置が必要になる場合がございます。予約時にお伝えする注意事項をお守りください。(下記参照)

fleximg